結婚指輪(マリッジリング)の人気ブランドをランキング形式でご紹介

結婚指輪の予算、どれくらい用意すればいい?

結婚指輪の予算、どれくらい用意すればいい?

 

結婚指輪は一生の思い出なので、素敵なものを選びたいもの。

そこでデザインやブランドといったところが気になるところですが、一番気になるポイントが「結婚指輪の費用」です。

一体、結婚指輪にかかるお金はどれくらいで予算はいくら用意すればいいのでしょう。

 

結婚指輪の一般的な相場は?

婚約指輪の一般的な平均相場は約24万円となっています。
この平均予算額は年によって多少の変動がありますが、近年では20万円台中盤あたりを行ったり来たりしており大きな変化はほとんどありません。

また年齢ごとに見てみると、24歳以下は約20万円、25歳から29歳までは約24万円、30歳から34歳までは約25万円、35歳以上は約24万円となっています。
だいたいどの年齢も20万円台中盤くらいとなっておりあまり年齢ごとにそこまで差はありません。

このように、年や年齢などによって多少の差はありますが実際のところは結婚指輪は20万円台が多いようです。

また巷でよく言われている「結婚指輪は月給の3か月分」なんて言葉もありますが、決してそんなことはありません。
実際はおよそ給料の1か月分くらいとなっています。

 

結婚指輪はオーダー方法によって価格が大きく異なる!

しかし、上記はあくまで結婚指輪の相場の「平均」です。
結婚指輪の価格帯は幅広く10万円程度で買えてしまうものから100万円以上するものも。
なぜここまで価格が大きく異なるのかというと結婚指輪には主に3つのオーダー方法があり、それぞれかかる費用の相場が違うからです。
では、そのオーダー方法を見ていきましょう。

・フルオーダー
これは、デザインを最初から希望に合わせて結婚指輪を作っていくというものです。
カップルの好みをダイレクトに反映することができるため、デザインを細部までこだわって作ることも可能。
そのため満足できる結婚指輪を手にしやすいです。
しかしフルオーダーの場合は少し価格が高めで、一般的に30万円から40万円前後かかります。
さらに有名なデザイナーなどにデザインの依頼をしたり、細部までこだわったりするとあっという間に金額が跳ね上がり100万円以上になることも。
そのためフルオーダーで結婚指輪を購入する場合は注意が必要です。

・セミオーダー
このセミオーダーというものはいくつかのパーツやサンプルデザインがあらかじめ用意されており、その中から希望に合わせたものを組み合わせてオーダーするというものです。
フルオーダーのものと比べて自由度は少し低いですが価格は比較的リーズナブルとなっており、一般的に15万円から25万円くらいが相場となっています。

・既製品
ジュエリーショップに売られているすでに完成された結婚指輪のことです。
これはデザインがあらかじめ決められているためオリジナリティという部分では若干欠けますが、既製品なら最短で数日で商品を受け取ることも可能なのでとても魅力的です。
そして、相場に関しては20万円から30万円くらいとなっています。

このように結婚指輪のオーダー方法によって大きく相場が異なるのでかかる費用が違います。
これらのことをしっかり踏まえたうえでオーダー方法に合わせて予算を用意するといいでしょう。

 

結婚指輪は2人で相談して決めよう!

人によって結婚指輪の考え方は異なります。
例えばデザインについても「豪華なデザインがいい」という人がいる一方で「シンプルなものがいい」という人もいます。
さらに価格に関してもこだわりがある人もいれば、あまり無い人もいます。
なので、どれくらいの価格の結婚指輪を購入するかは2人で相談して決めるといいでしょう。
また価格面ももちろん大切ですが、将来のことやデザインのことなど幅広い観点から選ぶことが大切です。