結婚指輪(マリッジリング)の人気ブランドをランキング形式でご紹介

結婚指輪はいつから着ける?入籍後?

結婚指輪はいつから着ける?入籍後?

 

大切な結婚指輪を着けるタイミングはいつからがベストなのでしょうか。
一般的には入籍後がいいと言われていますが、結婚指輪はカップルによって着けるタイミングは異なります。
そこで今回は、結婚指輪をつけるタイミングはいつが良いのかなどを紹介します。

 

結婚指輪を着けるタイミングは?

基本的に結婚指輪を着けるタイミングは以下の3つのパターンが多いです。

①結婚式の後に着ける
現在、結婚式を境にして結婚指輪を着けるというカップルが多数派となっています。
やはり人生の中でも一大イベントと言われている結婚式。
その後に結婚指輪を着けたいと考えている人が多いです。

②入籍後に着ける
近年では、ライフスタイルの多様化や価値観の変化により結婚式を挙げずに入籍だけで済ませたりするカップルが多くなっています。
それゆえ結婚式のタイミングを「夫婦のスタート」と考えるのでは必ずしもなくなっているので、入籍後に着けるというカップルも徐々に増えています。

③結婚指輪が届いたらすぐに着ける
「結婚指輪が嬉しくて挙式まで我慢できない」「できるだけ長く結婚指輪を着けていたい」などの理由から結婚指輪が届いたらすぐに着け始めたというカップルも少なくありません。
主に「早く身につけたい」という感情がきっかけのようです。

基本的には、上記の3つのパターンをタイミングとして考える方が多くなっています。
ですが必ずしもそうしなければいけないというわけではありません。
結婚指輪を着けるタイミングは人それぞれです。
そのためタイミングに関しては特に決まりはありません。
ですから、お二人でよく話し合っていつ結婚指輪を着けるか決めましょう。
もし、夫婦で指輪を着けるタイミングが違うとトラブルになることもあるので注意が必要です。

 

結婚指輪っていつごろ購入すればいいの?

ではその肝心な結婚指輪をいつまでに購入すればいいのでしょう。
基本的には、まず結婚式を挙げる場合では、挙式の3、4か月前には購入しているカップルが多いです。
これは購入してから受け取る時間までに1ヵ月から3か月程度かかることが多いからです。
もちろん既製品であれば数週間で購入することもできますが、ほとんどの場合は最低でも1ヵ月はかかってしまいます。
もし、挙式が始まるギリギリのタイミングで購入してしまうと結婚指輪が間に合わないなんてことも。
そうなるとせっかくのめでたい挙式が台無しになってしまいます。
ですから挙式の3か月から半年くらい前には購入しておくことをおススメします。

そして結婚式を挙げない場合では時間的な縛りがないためいつでも構いません。
ですが一般的には入籍日に間に合うように結婚指輪を購入するというカップルがほとんど。
入籍日とは夫婦になる日で、カップルのお二人にとっては記念日であり特別な日です。
そのため結婚式を挙げないという場合は入籍日までに用意できるように結婚指輪を購入しましょう。
だいたい入籍する日の3か月から半年くらい前が目安です。

 

結婚指輪って誰が費用を負担するの?

結婚指輪というとブランドやデザインも気になるところですが、やはり費用負担の面も気になります。
特に、結婚指輪を購入する時には基本的に誰がお金を払うものなのでしょうか。

現在では、主に結婚指輪のお金は2人で出すことがほとんどです。
これは2人で長きにわたって着けるものであるため、一緒に費用を出し合いたいというカップルが多いからです。
しかし、中には「結婚指輪は男性が贈るもの」ということで男性が全額費用を負担するというケースも。

このようにカップルによって異なりますのでお互いの経済状況を踏まえて事前に2人で相談してみるといいでしょう。

 

お互い納得できるようにしよう!

結婚指輪を着けるタイミングはもちろん、購入時期やお金の費用負担までしっかりお互いが納得できるまで話し合うことが大切です。