結婚指輪(マリッジリング)の人気ブランドをランキング形式でご紹介

結婚指輪を買うタイミングは?

結婚指輪は、一生の宝物といえます。

パートナーとの一歩の足掛かりともいえます。

指輪は式に間に合うよう、時間をかけ、妥協せず取り決めていくことが重要です。

購入する時期についてですが、結論を先に言いますと人によります。

おかれている状態から購入すべきタイミングが変わります。

 

余裕を持って購入することが大切です

指輪購入は、挙式の6ヶ月から3ヶ月前が多い傾向が見られます。

製造メーカーによって、手元に届くまでの時間は違いますが、6ヶ月前から3ヶ月前であれば、日数を費やして選定する準備ができるでしょう。

式直前になると席次表作成それから、衣装チェックやリハーサルだけでなく、司会者に対しての打ち合わせであるとか、音響など式場との確認が継続していきます。

他にも、宿泊者の状況チェックや二次会なども行うことが求められ、月曜日~金曜日の仕事終わりや休みの日など、時間を見つけ進めなければなりません。

そうした多忙な中で指輪を選択しなければいけないとなると、余裕を持ってデザイン性を選択することが困難です。

加えて、サイズがピッタリこない、刻印を埋め込む時間がないといったさまざまなトラブルにも繋がってしまうでしょう。

指輪は式当日のみならず、一生涯添う貴重な存在です。

あとあと後悔ないよう、ゆとりを持って指輪選びをスタートすることが大切です。

 

結婚指輪を注文するタイミングについて

式の日や入籍日が確定したらいつから結婚指輪をオーダーするべきか具体的にいいますと、どういったオーダー方法でも3ヶ月ぐらい見ておけば問題ありません。

オーダー方法とはフルオーダーかセミオーダーあるいは既存品かによります。

フルオーダーで3ヶ月、セミオーダーで2ヶ月、既存品で2週間ぐらい購入より受け取りまで時間が必要です。

既存品であっても刻印を入れる場合などは2~3週間必要になります。

また、既存品と考えていてもイメージに合う指輪が見い出せず結局のところフルオーダーやセミオーダーにされる人も多いです。

ウェーブラインというようなこだわりがどうしても出てきます。

一生涯にわたって付ける物ですからこだわりが出るのは当然です。

早い内に動くに越したことはないことから、結婚が確定したらできるだけ早くスタートしましょう。

 

一年で結婚指輪がお買い得な時期とは?

結婚指輪を入手するタイミングに関しては入籍日、あるいは結婚式の3ヶ月前くらいが目安です。

しかし、それ以前でも別に問題はありません。

言い換えれば状況が許す限り安くて済む時期で購入することもひとつの選択肢です。

式場及び結婚指輪を取り扱うショップは深い関わりがあることから、指輪が値下がりする時期は式場にパンフレットを置くために来たり、セールスマンが来たりするので判断できます。

タイミングに関しては一年に2回です。

決算期及びクリスマスになります。

決算期に関してはどういった会社でも当てはまりますが、セールと言って売上ラストスパートをかけます。

これに関しては指輪業界も同じです。

ブライダルフェアを派手に売ったり宣伝費を増やしたりと指輪を扱う会社組織は動きます。

こうしたタイミングは異なる業界と同じようにリーズナブルに購入することができる時期でもあるので絶好の機会といえます。

 

結婚式の事前準備で慌ただしくなってきたタイミングに結婚指輪を選考し始めると、選定する時間がなくなってしまいます。

式の事前準備はおおよそ3ヶ月前から忙しくなってくることから、その前までに選択しておくと余裕が持てます。

現実に数多くの人が手に入れた時期は挙式の3~6ヶ月前となっています。

また、式場の特典としてリーズナブルに買うことができる指輪もあるため、式場を決定すると同時に購入するカップルも少なくありません。

仕事が多忙な人はそう簡単には夫婦で選定する日が取れないケースも多いので、6ヶ月以上前から準備していても早すぎることなどありません。

結婚式で魅力的な演出をするうえでも、早い内に選び始めることが重要になります。