結婚指輪(マリッジリング)の人気ブランドをランキング形式でご紹介

様々な指に合う結婚指輪の種類

様々な指に合う結婚指輪の種類

 

結婚指輪は日常で身につけるので、安ければ良いイメージもあり、デザインもシンプルなタイプが選ばれる傾向です。
しかし、愛の証だと考えれば、さらに指先まで意識すれば、安くとも自分にしっかり似合う指輪を選ぶことができます。

 

オーダーメイドにこだわってみるのも良い方法

結婚指輪に相応しい素材をラインナップし、精巧な技術を持つ熟練のクラフトマンが携わるのは、オーダーメイドに対応してくれるジュエリーブランドやブライダルジュエリーショップです。
技術者の手によって、細かいところまでこだわったデザインで仕上げてもらえる魅力があって、二人の愛の証、また、結婚をしたという証明も兼ねている結婚指輪は、男女ともに常に身につけるタイプのジュエリーとなっています。
それだけに、上質な素材であっても、毎日身につけやすい指輪でなければ、オーダーメイドにこだわるという、本来の目的も薄っぺらく感じられてしまいます。
ですから、自分に一番似合う指輪のデザインを見極めるためにも、ジュエリーブランドの選定では、きちんと相談に乗ってくれるところを選びたいものです。
ブランドによっては、ブライダル専門で展開しているところもあります。
手厚い対応をしてもらえる他、男性向けにサプライズでの指輪づくり、ブランドが発表したコレクションの中からの指輪選び、サプライズのプロポーズなどなど、結婚に関して頼もしいサポートをしてもらえることもあります。

 

指に合うタイプを知ることが大事

人それぞれ、体格が違うように、指の形も違います
太くて短い・細くて長い、それぞれの指によって似合う指輪のタイプというのも異なります。
★例えば、細く長い指は、どんなタイプも似合わせられるので、オーソドックスとなるストレートタイプの指輪が適しています。
しかし、オーソドックスとなるならば、周りとかぶりやすいデメリットも少なくありません。
そこでポイントになるのが、素材であったりデザインであって、ここにもオーダーメイドにこだわるという意味があるのではないでしょうか。
★反対に、指が短く太い・細く短い場合には、ウェーブタイプの指輪がジュエリーブランドではお勧めしているようです。
ねじり・ひねり・うねりなど、形状によっては指、あるいは指輪そのものの存在感をより強調させられます。
指を長く見せるには、緩やかなS字のうねりタイプが適しています。
特に女性は、美への意識も高いこともあり、指を細く長く見せたいという方も多いようです。
効果こそ同じですが、柔らかさよりシャープな印象を与えるのはV字で、シャープ感を少し抑えたいならばU字のタイプを選んでみてはいかがでしょうか。
こうしたタイプは、仕事メインで活躍するキャリアウーマンに似合うタイプとも捉えられています。

 

指にしっかりフィットするのかどうなのか

指にはめても違和感の少ない、普段使いしやすいデザインの指輪というのは、つけ心地の良さに結びつくものだと思います。
自分の指とのフィット感が何より大切で、指輪の内側、肌に触れる部分の形状をチェックすることもポイントです。
現在、結婚指輪での形状は、甲丸内甲丸の2つが人気取りしています。
つけ心地の良さ、この点に特化するのは、内側が柔らかいカーブを描く形になっていて、肌に触れる面が丸みを帯び、なめらかな内甲丸です。
このように、様々な指に合う指輪といっても、形状まで含めれば、その種類のバリエーションは無限大です。
オーソドックスなシンプル、指を長く見せるV字ライン、さらに指より手元まで豪華に魅せるエタニティなどまでがあります。
もちろん、結婚指輪の素材の種類も重要で、プラチナは、がっしりした男性の指にも違和感なく馴染みます。
女性のように、ジュエリーを楽しむ目的でつけ替える機会も少ないため、一生涯身につけられるプラチナが人気です。

〇まとめ
指の長さ、太さ、男性と女性では異なります。
だからこそ、結婚指輪をブランドから選ぶにしても、アドバイスを受けることや相談することは大切です。
指に馴染む、フィットする、コンプレックスを解消できるような種類までがジュエリーブランドから誕生しています。