結婚指輪(マリッジリング)の人気ブランドをランキング形式でご紹介

結婚指輪のサイズ選びのポイントとは?


結婚指輪のサイズ選考に関しては、きつめのものを選択すると指輪が抜けないし、ゆるめの状態では抜けるなど一般人が考えている以上に難しいといえます。

指のサイズについては変わり易く、近い将来のサイズ直しを鑑みて選定することは大切になります。

 

結婚指輪の寸法はよく変化します

常日頃よりつけているファッションのリングは9号を選択していたが、結婚のための指輪を入手しようと店において測ったところ7号だったというようなことは珍しくありません。

理由のひとつに時間帯、あるいはコンディションによって寸法が変わることがあげられます。

靴を選択するとき、時間帯によりましては足のむくみによって寸法に変化が起こるように、指についても時間帯により寸法が異なります。

さらに、妊娠している間はむくみ易いなど、コンディションによりましても指の寸法は違ってきます。

確実な寸法を測るのは困難ですが、朝と夜の2回に分け指の寸法を測定するのが最適です。

また、指輪のデザイン性により寸法に変化が起こることもあります。

きつい、あるいはゆるいの感じ方については、指輪の厚みであったり幅の相違によっても異なることになります。

一般的に考えて、同一の寸法でも、幅広く太いリングはきつめに感じますし、細めのデザイン性ではゆるく感じるとされています。

ファッションリングについては結婚のための指輪と見比べても装飾性が高いことから、指の実際の寸法と比べて大きめを選択しているケースが多いようです。

ファッションリングの寸法そのものが一致しない可能性も意識しておきましょう。

 

指のサイズを測るための方法について

測り方には2通りあります。

まず既にあるリングの寸法を測ることです。

現実に保有しているリングがあるケースでは、それと関連付けて測定する方法があります。

そのような時は、リングの直径を測って、寸法をチェックします。

また、自分自身の指の寸法を測る方法があります。

このケースでは、糸など巻きつけ易いものを活用して測ることになります。

指の最も太い部分に糸などを巻きつけることになります。

この時、ゆるすぎず、きつすぎずそして、指にナチュラルになじむように巻きつけることがキーポイントになります。

巻きつけた糸が一周したところに印を付けます。

 

寸法の変化に対する対処のポイント

結婚指輪については長期にわたってつけ続けることから、太った場合でも構わないように大きめの寸法の指輪を選択する方はめずらしくないといわれています。

確かに、身体のラインは様変わりするかもしれませんが、現実につけるのは今です。

大きめを選択してしまうと、つけ心地が安定しなくなる可能性があります。

とりあえずは、現段階で最適な寸法を選びましょう。

指の状態に変化が見つかったときは、サイズ直しを考慮しましょう。

それに加えて、季節と状況によっても指の寸法が異なります。

冬のシーズンは細く、暑い時期は太くなるケースが多く、寒い季節に買い求めた指輪が夏のシーズンの結婚式の日に入らなかったというアクシデントもあります。

選択の際は、一年の平均的な寸法を見込んで選択すればよいかもしれません。

それから、指の寸法は変わるものと考えれば、始めからアフターケアの充足された店を活用することによって結婚指輪を買い求めたほうが、先行き実用的です。

結婚指輪の原材料によっては、修正することができない可能性があります。

あらかじめ店にアドバイスを求めておきましょう。

 

夫婦の証という形で左の薬指にはめる結婚指輪に関してですが、一生涯にわたって身につけるからこそ選択するときには細心の注意を払って選ぶ必要があります。

デザイン性やブランドなど、決め手は数多くありますが、とりわけ留意しておきたいのがサイズです。

選択に失敗すると、後々に不要になったりと悲しいことになるかもしれません。

長く常用するためにも、先を見据えた選考が重要です。

サイト内検索
結婚指輪(マリッジリング)人気ブランド一覧!
第1位 A・D・A
第2位 アイプリモ
第4位 4℃
記事一覧