結婚指輪(マリッジリング)の人気ブランドをランキング形式でご紹介

品質重視で結婚指輪を選ぶポイント

品質重視で結婚指輪を選ぶポイント

今、結婚指輪の購入しようか考えているという方もいるでしょう。
そしてどうせ結婚指輪を買うなら品質がいいものがいいですよね。
しかし、そうは言ってもどうすればいいのか分からないという人も多いでしょう。
そこで、そんな人たちのために品質重視で結婚指輪を選ぶポイントをご紹介。
これを読めば指輪選びの参考になること間違いナシです。

 

結婚指輪の品質はダイヤモンドで決まる!

結婚指輪の品質はほぼダイヤモンドで決まると言われています。
そのため高品質のダイヤモンドを取り扱っているブランドで購入すれば、品質のいい結婚指輪を手に入れることができます。

そして、ダイヤモンドの品質の評価を決めるものに「4C」というものがあります。
これは「カラット(Carat)」「カラー(Color)」「クラリティ(Clarity)」「カット(Cut)」の4つの頭文字からそう呼ばれています。
下記では、これらの基準について紹介します。

・カラット(Carat)
まず、カラットとはダイヤモンドの重さのこと。
カラット数が大きいほどダイヤモンドのサイズも大きくなります。
そして結婚指輪では、0.2から0.3カラットが平均と言われています。
そのため品質重視なら最低でも0.2カラット以上のものを選びましょう。

・カラー(Color)
これはダイヤモンドの色や透明度の評価です。
基本的に無色透明なものほど品質の高いダイヤモンドとして評価されます。
またDからZまで23つに分類されダイヤが無色透明に近いほど、最高ランクの「D」に近い評価になります。
そして23つのカラーの分類は大きく分けると、DからFは(完全無色)、GからJは(無色)、KからMは(わずかな黄色)、NからZは(薄い黄色)と4つに分類分けされます。
もし高品質のダイヤモンドをお探しの場合は「DからF(完全無色)」のグレードがおすすめです。

・クラリティ(Clarity)
クラリティとは、ダイヤモンドの透明度のことで透明度が高いほど高品質と言われています。
これはFLからI3まで11つに区分されており、FLに近いほど透明度が高いです。
そして、この11つのクラリティは以下の5つに区分されます。
・FLとIL・・・・・無傷
・VVS1とVVS2・・・10倍の拡大で内容物の発見が非常に困難
・VS1とVS2・・・・10倍の拡大で内容物の発見が多少困難
・SL1とSL2・・・・10倍の拡大で内容物の発見が容易
・I1とI2とI3・・・肉眼で容易に発見できる
そして結婚指輪のダイヤモンドにふさわしい、高品質な物はVSクラス以上と言われています。
そのためVSクラスより上のものを選びましょう。

・カット(Cut)
カットとは、ダイヤモンドの輝きに関する評価です。
基本的に、Excellent(光学的に理想)、Very Good(理想的)、Good(良好)、Fair(やや劣る)、Poor(劣る)の5段階で評価されます。
そして高品質と言われているのはExcellent(光学的に理想)と言われています。
なので、もし品質重視で選ぶならカット評価最高級のExcellent(光学的に理想)を選ぶといいでしょう。

このようにダイヤモンドの品質は上記の4つで評価されています。
もし品質重視で結婚指輪を選ぶときにはこれらの点を踏まえたうえでよく吟味して決めましょう。

 

品質重視で結婚指輪を選ぶ利点とは?

まず結婚指輪を品質重視で選ぶ一番の利点はトップクラスのグレードのダイヤモンドを選ぶことによって、手元をより華やかに、素敵に見せることができるという点です。
またキラキラしている結婚指輪は見ているだけでもうっとりしてしまいますよね。
そのため普段の生活もきっと楽しくなるはず。

さらにダイヤモンドの品質が優れているところはアフターフォローも充実していることが多いです。
そのため万が一結婚指輪が破損してしまったとしても大丈夫。
無料または格安で修理をしてくれるので安心です。

 

結婚指輪を選ぶなら品質重視で!

このように品質重視で結婚指輪を選べばメリットがいっぱいです。
是非、自分達に合った指輪を見つけてくださいね。