結婚指輪(マリッジリング)の人気ブランドをランキング形式でご紹介

結婚指輪のメンテナンスの仕方って?

結婚指輪のメンテナンスの仕方って?

結婚指輪は毎日つけるものなので、どんなに大切に使っていても傷や汚れがどうしてもついてしまいますね。
大半は、購入した店舗でクリーニングや傷磨き等のアフターメンテナンスが相談できますが、ご自宅でも布や洗剤を使用してセルフメンテナンスが可能です。
また、使い方に関しても日常生活の中で汚れや傷がつきやすいポイントがあるため知っておきたいですね。
大切な指輪を生涯美しく身につけるためにはどのような注意やお手入れをすればよいのでしょうか。

 

素材選びと傷汚れのつきやすいポイント

結婚指輪には様々な素材がありますが、中でも一番人気は王道のプラチナ。
指輪の素材が100%プラチナの場合はpt1000の表記となり、平均的な純度はpt900ほどです。
純度の高いプラチナは着け心地が良いですが、その分柔らかく強度が弱いため、パラジウムなどの素材を混ぜて強度を高めます。
人気の高まっているゴールドの素材もプラチナ同様の性質があります。
着け心地やデザインとともに指輪選びから、生涯の強度についてもよく考えて購入しましょう。
そして購入後、日常生活の中で指輪が傷つきやすい場面は、家事での洗い物等で食器などの金属に触れることです。
また化粧品や温泉成分が手につくことで変色を高めてしまうことがあります。
一時的であれば配慮して生活することもできますが、生涯汚れないよう生活するのはなかなか難しいですね。
実際指輪に傷や汚れがついてきた場合には自宅や購入店舗で定期的なメンテナンスを行うことで美しさを保つことが可能です。

 

自宅で行えるメンテナンス方法とは

最もおすすめなのは毎日こまめに自宅の柔らかい布や眼鏡拭きで指輪を拭いておくこと
しかし忙しい日々の中で毎日行うのが難しい場合は、期間が経ってなんとなく指輪全体がくすんできたり、輝きが鈍くなってきたなと感じたときに行うのでも大丈夫です。
もし、拭いてもくすみが改善しなかったり、布で落としきれない汚れがついてしまっている場合は、中性洗剤を数滴水にたらし、つけおきした後、軽く指でこすり洗いをしてみましょう。
専門店で販売しているクリーニング用の薬品を使用することもおすすめですが、成分の合わないものの使用で変色してしまう危険性もあるので選ぶ際には注意が必要ですね。

 

定期的に店舗でのアフターメンテナンスも行いましょう

指輪選びの際にはその店舗のアフターメンテナンスにも注意して選びましょう。
お店によって、永久保証、3年保証、1年保証、海外ブランド等の中にはクリーニングに関して全て有料の場合もあります。
生涯つける指輪だからこそ安心で選ぶのであればクリーニングやサイズ直しの永久保証がついたブランドですね。
こうした保証を利用し、購入した店舗に指輪を持っていくとクリーニングから磨き直しまで様々な対応をしてくれます。
簡単なクリーニングであれば、即日可能な場合が多いですが、小傷を消す磨き直し等は数日預かりが必要となる場合がありますので、あらかじめその点を予定しておきましょう。
磨き直しを行うと細かい傷が目立たなくなったり、新品同様の輝きが取り戻せることもあります。
しかし、指輪を磨くことは、指輪表面を少量削って磨いていくため、指輪自体が徐々に薄くなっていきます。
耐久性を考えると生涯の磨き直しは、3回程度、と言われているため、多少の傷は自宅でのセルフクリーニングに留め、10年ごとの記念日等にしっかりとした磨き直しやサイズの見直しを行うのがおすすめです。
また、思わぬところで大きな傷をつけてしまったらどうしたらよいのでしょうか。
大きな傷も購入店舗で対応してくれる場合が多いですが、できるだけ早く相談しに行くことが大切です。
大きな傷ほどそのまま放置しておくことで、傷から汚れが入ったり錆の原因となります。
ぶつけてしまったり、重いものを持った際にはこまめに指輪を確認しておくことも大切ですね。

〇まとめ
一番人気のプラチナは、純度が高まるほど柔らかく強度は弱くなります
着け心地とともに強度についても素材選びからしっかり考えましょう。
また、日常生活の中では家事やメイク等での油分や温泉成分がくすみや変色の原因となります。
傷やくすみが気になったら自宅では柔らかい布で指輪を拭いたり、中性洗剤のつけおきがおすすめです。
販売店舗のアフターメンテナンスでクリーニングや傷磨きの対応もできるため、定期的に行うことも大切ですね。
こまめなメンテナンスを行うことが指輪の輝きを保つ秘訣です。
定期的なメンテナンスで生涯美しく輝く指輪をぜひ身につけてください。