結婚指輪(マリッジリング)の人気ブランドをランキング形式でご紹介

結婚指輪には様々な形がある

結婚指輪には様々な形がある

結婚指輪にもいろいろな種類があります。
最近では個人によって似合うデザインを心がけたり、選択肢もとても増えてきました。
とはいえ、種類や形は大まかに分けていくつかの系統がありますので、それぞれ紹介していきましょう。

 

王道なのがストレート、誰にでも似合うシンプル仕様

代表的なのがストレートです。
これは王道の結婚指輪の種類でもあり、基本的なものとなります。
真っ直ぐな横一本のリングで、歪みや形の変化などはありません。

〇メリット
とにかく誰にでも似合う、とにかく無難ということでしょう。
プラチナのシンプルなストレートリングはとても多くのブランドで取り扱われているほど、たくさんの種類があるのです。
無難なものを選びたいという人にとっては良いでしょう。
・また、大体のブランドで取扱があるので、どのブランドにもあるのが良いところですね。
こだわりがない人なら、このラインを選べばハズレはありません。
洒落たリングなどをつけにくい職場でもおすすめです。
シンプルなストレートなので、あまり人を選ぶことがありません。
あまり華やかなファッションは好まないという人にも良く、しっくりくるのがポイントです。

 

歪んだS字やV字で指がきれいに見える

ただのストレートならばつまらない、という人なら、ストレートではなくV字やS時なども方法です。

〇S時とは
リングの中でもちょっと歪んだリングです。
横から見るとSの字を描いたように、ゆるくウェーブしているのが特徴的ですね。
リングの中でもちょっと優雅なラインですので、なかなか優しげで優雅に見えるのが特徴でしょう。
指輪にも個性が欲しい人や、優雅なものが好きだという人にはおすすめです。
またV字というのもあります。

〇V字とは
リングの中央がちょっとへこんでいるのが大きな特徴ですね。
リングの中でも少しだけ個性があり、なかなかシャープに見せることができます。
指の形が太くてしっかりしているのが嫌いな人や、指をほっそりきれいに見せたい人には、このV時はなかなかきれいに見せることができるでしょう。
ちなみにこれは二人のイニシャルとは全く関係がありませんので、イニシャルにこういう文字がなくても、指輪の付け心地や指輪のデザインが好みなら選ぶことができますよ。

 

メレダイヤやエタニティで輝きを追加

最後に、指輪に工夫されているものもあります。
★その1つはメレダイヤですね。
これはとても小粒のダイヤで、指輪にセットされている中でもメインストーンの周囲に小さい石があったり、小さい石を並べて、模様を描いたりラインを作ったりします。
また、小さいダイヤモンドがギュッと集まったのがパヴェリングで、とても華やかになります。
この数が多ければ多いほど華やかになりますが、金額も高価になり、日常使いしづらくなる傾向もあるでしょう。
★もうひとつはエタニティリングです。
これは石をリング一周グルッと囲んだようなデザインのリングです。
婚約指輪のメインストーンほどしっかりした石ではありませんがメレダイヤほど小さくもない程よい大きさの石が一周しており、なかなか華やかに見えるでしょう。
中にはエタニティリングを婚約指輪にするカップルもいますね。
★また、半周だけを石で作っているのが、ハーフエタニティリングと呼ばれるリングです。
そして、ミル打ちというのもあります。
これは指輪の表面に小さな点のラインを作るというもので、石を使わなくてもリングの表面に工夫がなされ、また輝きも変わるのです。
ちょっとレトロな印象やクラシカルな雰囲気をもたらしてくれるでしょう。
地金に工夫がなされるので、石をつけたくない人にもおすすめです。

〇まとめ
指輪は色々なバリエーションがあるので、ついつい選ぶのも困るものですね。
形によって指の見せ方が違ってきたり、自分に似合うものも変わってきます。
予算に応じて、あるいは形の華やかさで選ぶのもいいでしょう。
素敵なリングを選ぶようにしたいですね。