結婚指輪(マリッジリング)の人気ブランドをランキング形式でご紹介

結婚指輪に宝石は付ける?

あらためていうまでもなく、夫婦の宝物の結婚指輪には色々なタイプがあります。

とりわけ指輪に宝石がついているか、付いていないかによっては外見上の印象であるとか、つけ心地には差が出てきます。

個人的な嗜好やプライスなど、購入する時の決め手は数多くありますが、永くつけるからこそ、つけやすさなどにもこだわって選定することはポイントになります。

 

宝石ありの指輪の主な特徴とメリット

指輪に光る石がある指輪については、ゴージャス感が生じるのが魅力的といえます。

上品に手元を飾ってくれるので、常日頃から手元のお洒落を楽しむことができます。

宝石ありの指輪には大別すると2種類あります。

そして、その中においても、ひと際注目を集めているのが指輪そのものに埋め込んである種類です。

この種類は指輪の存在感を与えつつも、異なる指輪と重ねづけを行なうこともできるので、コーディネートを楽しむことができます。

もう1つは、爪で留めている種類になります。

デザイン性のかわいさとラグジュアリー感のある外見がとても素敵で、身に着けることによって手元にインパクトを与えます。

 

身に着ける際の注意すべき点について

宝石ありの指輪には、デザイン性の豊富さと外見上の鮮やかさなどの長所がたくさんありますが、時に日頃の生活に支障が生じてしまうケースもあります。

それほどまで深刻に悩む事はありませんが、非常に強い衝撃により石が取れてしまったり、服に石が掛かったりしてしまうケースもあるので気をつける必要があります。

それに加えて、育児中の場合には子供に対して石が当たってしまうこともありますので、継続して付けっぱなしにしておくのはリスクがあります。

身に着けるときは状態を見計らうことがキーポイントとなります。

 

宝石無しの指輪のメリットと留意点

日頃の生活の支障となることもあまりなく、スムーズに長時間にわたってつけていることができるのが宝石無し指輪の素晴らしいところです。

飾り気のないものから、模様が彫られたタイプ、刻印がしてあるタイプなど、石を使わないでもデザイン性の幅は非常に広いので、好みによりセレクトすることができます。

それに加えて、石無しの指輪は男性の方の指輪と同一のデザイン性のものも非常に多く、ペア感が非常に強いところも効果的なポイントといえます。

夫婦の証という形で、同一の模様、同一のデザイン性の指輪をはめることが可能です。

シンプルなデザイン性の指輪は、どういったテイストの服にもフィットしてくれるので日常利用がしやすいのがアドバンテージですが、デザイン性がシンプルな分だけ、傷が人目に触れやすいという所もあります。

指輪は、永い間つけるため、どうしても少しの傷やこすれ跡などが出来てしまいます。

指輪を購入する時には、将来のことに着目して、傷そのものが目立ちづらいデザイン性や、傷がつきづらい材質にもこだわりを持って選択するようにすることが必要です。

 

一生涯にわたって付き合っていく指輪を選択するときには、どんな人でも頭を悩ましてしまうものです。

そのようなとき宝石ありに決めるのか、無しにするのかの2択をセレクトしておくだけでも指輪選考は円滑になります。

それに加えて、指輪につきましては、自身だけのものでなくパートナーと2人で買い入れるものになります。

自分自身のみが納得するものではなく、パートナーに関しても納得するような2人のお気に入りを見出すことが最も重要なキーポイントになります。

石ありと石なし個々のアドバンテージと留意すべき点から考慮して、一生涯にわたっての宝物を入手しましょう。

いずれのタイプを選択するのかは、自身の置かれている状況やパートナーの意見などを踏まえた上で、細心の注意を払って選択することが重要になります。