結婚指輪(マリッジリング)の人気ブランドをランキング形式でご紹介

いつから結婚指輪をするようになった?

いつから結婚指輪をするようになった?

 

結婚するにあたって必要なものの中に、結婚指輪は欠かせません。
最近は、普段はアクセサリーの類は一切しないという男性でも、結婚指輪だけは別という考えから、身に着ける人が増えてきています。
そんな結婚指輪は、いつごろ、どのような理由でするようになったのか、その起源を紐解いてみると興味深い歴史が見えてきます。

 

始まりは紀元前にまでさかのぼります

今ではアクセサリーや宝飾品として、多くの人々にとって魅力的なものとなっている指輪ですが、指輪そのものの起源を辿ると、決して魅力的とは言えない事実が分かります。
ギリシャ神話の中のお話に、ゼウスの怒りを買ったプロメテウスが罰として鉄の指輪をはめさせられたというものがあり、これが歴史上において考えられる最初の指輪と言えるからです。
罰としてはめさせられた指輪がどのようなものであったかということははっきりしませんが、現代のようにはめていてウキウキするような指輪ではなかったことは容易に想像がつきます。
結婚に際して指輪が贈られるようになったのは、紀元前1世紀ごろの古代ローマであったことが分かっています。
当時の結婚指輪は、結婚の証ではあったものの、愛の証ではありませんでした。
それというのも、当時は政略結婚が当たり前であり、花嫁をお金で買うのも当然だったからです。
結婚指輪は、間違いなくお金を払った証として花嫁の父親に渡されていたことから、現在でいう領収書の役目を担っていたと考えると、なんとも複雑な思いがします。

 

永遠の愛を誓う象徴となったのは

現在のように結婚する二人の絆や、永遠の愛を誓うための証としての象徴的な存在となったのは11世紀ごろからで、初めて愛の証として結婚指輪を身に着けた人が9世紀のローマ教皇ニコラウス1世だと言われています。
その後、ニコラウス1世にならい、裕福な貴族の間で結婚の証とする指輪を身に着ける人が増えていったことが、現在の結婚指輪を身に着ける風習を作り出したといえるでしょう。
11世紀には指輪の交換を行うのも当たり前になりましたが、花嫁には花婿から金の指輪が贈られたのに対し、花嫁から花婿へ贈られる指輪は鉄でできたものでした。
男性への鉄の指輪は、最初の起源にのっとっていたのかもしれませんが、当時は罰だったことを考えると、この点が変わらなかったのはいささか不思議な気がします。
あるいは、単に素材の理由だけだったのかもしれません。
とはいえ、互いに贈りあい、身に着けるようになったことは確かで、結婚指輪を交換する儀式もこのころに確立したと考えられています。

 

結婚指輪をつける指が決まっている理由

売買の証から愛の証へと変化を遂げた結婚指輪ですが、左手の薬指に着けることの意味をよく知っている人は意外と少ないかもしれません。
こちらも理由は古代ギリシャへとさかのぼりますが、左手の薬指は心臓につながっているという考えがされていたためです。
それ以外の文明においても、薬指には傷や病気を治す不思議な力が宿っているという考え方がされていることが多かったため、左手の薬指自体が特別視されていたという事実があります。
そのため、結婚指輪自体も愛の証という特別な意味合いを持つ指輪であるだけに、この指輪をつけるには、同じく特別な指である左手の薬指が最適だとされたのは、おそらく自然なことだったろうと思われます。
また、薬指そのものが指輪の指という意味の言葉となっている言語は、ラテン語以外にも多く、さまざまな文明で結婚指輪は左手の薬指に着けるのが当然な理由があることが分かります。
日本では古来、結婚に際して指輪を身に着けるという習慣がなかったため、愛の証として互いに贈りあい、左手の薬指に着けるものということがすでに既成事実として出来上がっていましたので、特に疑問を抱くことなく、結婚したら当然着けるものとして結婚指輪を身に着けてきました。
けれど、振り返って過去の歴史を紐解くと意外な事実がわかり、結婚指輪を見る目が変わってきそうです。