結婚指輪(マリッジリング)の人気ブランドをランキング形式でご紹介

結婚指輪の渡し方はどうする?

あらためていうまでもなく、結婚指輪ついては、ただ単に相手側に渡せばよいというわけではありません。

とりわけ渡される女性の方にとっては、一生涯に一回の重要な日として記憶に残るものといえます。

そして、その記憶についても素敵なものであったら嬉しいと考えています。

女性の方からすれば指輪自体より、そのタイミング、メンタルにより重きを置いている方が非常に多いといえるでしょう。

指輪の渡し方はケースバイケースになります

婚約指輪を男性の方が女性の方に贈呈するタイミングに関してはプロポーズの時が一般的になります。

それに対して、結婚指輪につきましては婚約指輪とは異なっています。

具体的には、夫婦2人が身に付ける品ですから、渡し方が異なります。

ですので、一般的に考えて、結婚式においての指輪交換時から指へと嵌めるようにするカップルが少なくありません。

しかしながら、指輪の渡し方については当然個人差があり、とりわけ定型に従うことは不要といえます。

指輪を渡す際に大事になってくるのは、婚姻する2人の気持ちと置かれている状況になります。

指輪を渡す際のタイミングについて

結婚指輪の渡し方においてのタイミングについては、挙式の時の指輪交換を挙げるカップルが多いです。

多くのカップルが結婚式を境にマリッジリングを指へと嵌めることを意識しています。

新たな形で人生を再びスタートさせる記念にしたい、指輪交換の儀式に重きをおきたいという声があります。

これに対して、手に入れれば即座に指輪を取り付けるというカップルも存在しています。

エンゲージリングを購入せずにその分だけマリッジリングを大事に考えるカップルに関しては、早いうちにリングを指へと嵌める傾向にあります。

指輪を見つめながら、結婚式に期待して待ちたいといった意見があげられます。

また入籍する日を大事に考えるカップルも居ます。

以上のように渡すタイミングについては、個人差があります。

結婚式における指輪交換のポイント

結婚式の指輪の交換の由来に関しては、贈り主との誓約の証や結婚の誓いを視認できる形にした、家同士の結び付きといったロジックがあります。

しかしながら近頃では夫婦の絆と考えているカップルが普通です。

指輪交換の手順についてですが、神父、あるいは牧師、僧侶や神官が指輪を運びます。

新郎及び新婦については向かい合って、まず第一に新郎が指輪を受け取り、新婦の左手の薬指へと指輪を嵌めることになります。

続いて新婦が指輪を受け取って、新郎の左手の薬指へと指輪を嵌めることになります。

交換の儀式に関しては、これで終了になります。

2人揃い、神父、あるいは神官のほうへ向きます。

交換の際の渡し方でキーポイントとなる要点は、相手サイドの左手を取る際に上げすぎないようにすることです。

見やすいように自分自身の胸下辺りに留めることがポイントです。

右手の親指及び人差し指によって挟み、左手を相手サイドの指先に添えると、円滑に嵌められます。

 

結婚指輪は、結婚した記念あるいは証という形で両方で着用する指輪になります。

基本的には、結婚式で交換を行なう指輪になります。

指輪を渡すタイミングに関してはまず第一に結婚式の際というのが多くのパターンといえます。

しかしながら結婚式を行わないということもありますので、そういった場合には入籍時に渡す、あるいは指輪は購入しに行ったときに渡すということが相場の渡すタイミングと考えられます。

入籍であっても法的には夫婦となるため、式を行なわない、あるいは結婚式を入籍から遅れてするというケースではこういった対応になります。

いずれにしても、 基本的には結婚式の指輪交換時に渡すことになりますが、状況に応じて指輪を渡すということになります。