結婚指輪(マリッジリング)の人気ブランドをランキング形式でご紹介

結婚指輪と婚約指輪に違いって何?

結婚指輪と婚約指輪に違いって何?

 

結婚をしようと決めても、実はそのルールはよく分かっていない。
そんなカップルは多いものですね。
あまりこれまでジュエリーなどに興味がなかったカップルだと、婚約指輪と結婚指輪の違いもよく分からない人も多いのではないでしょうか。
実は、婚約指輪と結婚指輪は根本的に違うものです。

 

 

そもそも婚約指輪とは「婚約しています」という指輪

まずは婚約指輪の意味を紹介しましょう。

〇婚約指輪
男性が女性にプロポーズのときに送る、結婚の約束のための指輪です。
基本的には婚約期間のみつけるとされており、結婚式の日までつけ続けます。
基本的にはそうされますが、その期間しかつけないのはもったいないということで、その後も冠婚葬祭やパーティーのときに許されるならつける、という活用方法もあるようですね。
結婚式の日までは左手の薬指につけ、結婚式のときに右手の薬指に付け替えます。
結婚後は婚約指輪と結婚指輪を重ねづけしたり、片方だけつけるという場合もあるでしょう。
自分で購入する場合はまずなく、男性が女性に送る指輪とされています。
基本的にはプロポーズ時に贈るとされていますが、最近では婚約した後に女性が好みのものを選んで購入するというパターンも出てきました。
また、結婚指輪とセットのものもあり、全てまとめて購入するということもできます。
ちなみに、婚約指輪は基本的に女性が身につけるものです。
男性が身につけることはまずありません。

 

結婚指輪は「結婚しています」と示す指輪

一方、結婚指輪になるとちょっと変わってきます。

〇結婚指輪
男女両方がつけるもので、とても大きな意味としては「結婚しています」という意味をもたらすものになります。
基本的に男女両方ともつけることがあり、またどちらかがどちらかに贈るということはありません。
折半して購入したり、二人のものとして購入するということも多かったりしますが、男性がすべての金銭負担を行って購入するパターンが多いのではないでしょうか。
結婚式の日まではつけることはあまりありません。
試着や試しにつける、結婚式のリハーサルのためにつけるということはあっても、それ以外の日常生活のためにつけることはないのです。
一方、結婚後は基本的に日常生活でつけることが多く、またつけ続けるものです。
ただし、体を使う仕事や普段からジュエリーをつけないという生活スタイルの人ならば、休日や特別な日にだけ結婚指輪をつけるということも多いでしょう。

 

婚約指輪と結婚指輪の違いはこれ

ここまでのことを踏まえて、改めて婚約指輪と結婚指輪の違いを考えましょう。
まず、婚約指輪は基本的に女性が身に着けますが、結婚指輪は男女ペアでつけるものです。
また、婚約中や特別なときしかつけることができない婚約指輪に対し、結婚指輪は普段から身につけてもおかしくないジュエリーです。
もうひとつは、婚約指輪のデザインです。
婚約指輪は中央に大きな石がセットされていることが多く、主にダイヤモンドをセットしていることが多いでしょう。
また、デザインとしてもかなり華やかなものが多く、石をふんだんに使ったり、華やかな輝きを持つものが多くなっています。
一方、結婚指輪はそういった中央の石などはなく、全体的にシンプルな指輪か、もしくはそれなりにデザイン性が高いものが多くなっています。
ただ、それでも婚約指輪ほど華やかなものは多くはありません。
最後に、婚約指輪は男性が女性に贈るものです。
結婚指輪は二人で準備するものですので、準備するのが男性かカップルなのかつける人が誰なのか、ということも大きな違いになってくるでしょう。

〇まとめ
結婚指輪と婚約指輪は、基本的にかなり性質が違うものです。
違いが大きいので、それぞれの違いを理解しておきたいところですね。
最近は婚約指輪を省略するカップルもありますが、やはりできれば3本とも揃えておきたいところでしょう。